生活便利お役立ち情報!一所懸命!出逢いに感謝!

スポンサードリンク

はじめてのツイッター!初心者のためのTwitterガイド!

Twitterとは何かなど、今さら聞けないかもしれませんね。
まだツイッターを始めていない人にツイッターの基本的なことを紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

Twitterとは!?

ツイッターの使い方に慣れてくると、非常に便利な道具であることがわかります。
パソコンを持たなくても、携帯の使い方をマスターしておけばよいでしょう。
ツイッターは2006年にアメリカで始まったサービスです。
シンプルなwebサービスで、140文字の文章を投稿するシステムです。
利用者は個別にアカウントを取得しなければなりません。
アカウントごとに専用のページが作成されます。
そして、世界中の誰かの投稿を自由に読むことができるのです。
ツイッターの投稿のことを日本語では「つぶやき」と表現していますが、正式には「ツイート」と呼ぶようになりました。
ツイッターのシステムの機能はスタートした時期と比べるとかなり機能アップしています。
それでも、基本的な動作は変わりません。
膨大な人のツイートを読みやすいように整理したり、キーワードで検索したりする機能が便利ですね。
ツイッターの使い方を覚えると、ちょっとした空き時間にツイートする人が増えて来ますね。
特に携帯電話やスマートフォンでツイートする若者が増えてきたようです。

 

ツイッターのアカウント

 

ツイッターではユーザー登録のためのアカウントが必要です。
これはメールなどとも同じようなもので、アカウントとパスワードがセットになっています。
ツイッターの使い方の最初はユーザー登録ですね。
ツイッターのトップページにはユーザー登録のフォームがあります。
必要事項を記入します。
アカウントとメールアドレス、パスワードを入力すれば、登録は終わりです。
「アカウントを登録する」のボタンを押せばよいのです。
登録が完了すれば、記入したメールに応答が返ってきます。
このメールを開いてURLをクリックすれば、ツイッターの始まりですね。
アカウント名は世界中で重複することができませんから、自分の名前で登録しようとしてもできないこともあるでしょう。
それは仕方ないですね。
有名人のアカウントや注目を集めている人のアカウントは多くの人が知っています。
サイトで検索してみると、そのようなアカウントの一覧も掲載されているのです。
ツイッターの使い方としてフォローが便利です。
これは特定の人の投稿を自動的に自分のページに表示させるものです。
あなたが興味を持っている事柄に関係した人のアカウントを知っていれば、フォローすることができます。
しかし、日本中の人のアカウントを調べることは現実的ではありません。
そこでリストというものがあります。
この使い方をマスターしましょう。
リストにはアカウントがまとめて入れられています。
また、人が作ったリストをそのまま再利用することも可能です。
つまり、誰かが芸能人のリストを作ってしまえば、後の人はそれを再利用すればよいのです。

 

ツイッターの使い方

 

インターネットで一番流行っているのはツイッターでしょうか。
まだ、ツイッターを始めていないのであれば、すぐにでも始めましょう。
ツイッターの使い方がわからないのであれば、インターネットで検索してみるといいでしょう。
ツイッターの使い方をわかりやすく説明したサイトがたくさんあります。
また、公式のヘルプはツイッターのヘルプセンターにあります。
基礎知識から順番に読んでおくといいかもしれません。
しかし、使い方は頭で理解するほどのことはありません。
使ってみればすぐにわかるでしょう。
難しくありませんよ。
ツイッターが難しいと感じられるのは言葉が聞きなれないからです。
フォローとかツイートとかピンとこないですよね。
言葉の意味を理解できれば、それだけで使い方はわかるはずです。
もちろん、メールなどを利用している人の方がツイッターの使い方には早く慣れるでしょう。
ツイッターのホームページを開くと、「いまどうしてる?」と言う質問が表示されます。
その下のボックスに140文字以内で文章を書くのです。
書き終わったらツイートを押します。
文章は後から修正することもできますし、削除することも可能です。
他の人が書いたツイートを読むためには相手をフォローする必要があります。
フォローすると、ツイートが書かれた時点であなたのページに表示されます。
ツイートは時系列に新しいものを先頭にして表示されます。
この表示をタイムラインと呼んでいます。
あの人のツイートを読みたいと思うのであれば、フォローすればいいだけです。
フォローするのには相手の承認は必要ありません。

 

スポンサードリンク

 

ツイッターの基本的な用語

 

ツイッターの基本的な使い方など今さら聞けないと言うこともあります。
ここでは、ツイッターの基本の用語を紹介しましょう。
まず「Twitter」です。
これは英語で小鳥のさえずりのことですが、日本語ではつぶやくと表現されています。
日本語では「ツイッター」と表記されています。
このシステムに投稿することを「ツイート」と呼びます。
英語の発音とはちょっとずれていますが、それは気にすることではありませんね。
ツイッターのホームページにログインすると、あなた専用のページが表示されます。
あなたが投稿した記事の数、フォローしている人の数、フォローされている人の数、リストの数が表示されます。
画面には時間の新しいものが上に来るように記事が並びます。
これをタイムラインと呼びます。
TLと表記する人も多いようですね。
誰の記事がタイムラインに表示されるかはあなたがフォローしている人によって異なります。
他のユーザーの記事を読みたいと思うのならば、その人を「フォローする」ことになります。
フォローするとあなたのタイムラインにその人の投稿が表示されるのです。
逆にある人があなたの記事を読みたいと考えてフォローすることを「フォローされている」と言います。
フォローすることによって、自分に情報が入ってくることになるのです。

 

ツイッターの検索

 

ツイッターの中には世界中の人のツイートがあります。
そしてあなたがフォローしたツイートがタイムラインに並ぶことになります。
それらのデータは膨大です。
画面上を流れていくことも多くなるでしょう。
自分が必要とする情報をその中から拾い上げなければならないのです。
そのための使い方としては検索を使用しましょう。
特定のキーワードでタイムラインを再構成するのです。
また、地域を限定した絞り込みも可能です。
日本だけ、東京だけと言った絞り込みです。
ツイッターでは世界中の主要な地域での絞り込みができるようになっています。
地域の細分化はどんどん進められています。
ツイッターの中を地域で検索することによって、身近な話題に出会うこともあるようです。
また、ローカルな話題をツイッターで提供し合うのも面白いですね。
データはどこにあるのかわからないのに、ごく限られた人たちだけが見ているのです。
ツイッターとは不思議なシステムですよね。
ツイッターがメールと違うところは、ツイートされたデータはサーバだけに存在すると言うことです。
つまり、あなたが自分のツイートを削除すれば、フォローしている人のタイムラインからも消えていきます。
もちろん、過去のツイートをわざわざ削除することはほとんどないでしょう。
検索の使い方はツイッターの検索機能を利用することもできますが、検索専用のサイトも便利です。
「まちツイ」は都道府県、市郡別にツイッターのランキングを表示してくれるものです。
意外と自分の近くの人がツイッターをしているとびっくりするかもしれませんね。

 

ハッシュタグって何?正しい付け方は?

ハッシュタグとは、ツイッターなどのSNSで、投稿内のタグとして使われるハッシュマーク「#(半角のシャープ)」がついたキーワードのことです。
タグの始めにつける「#」は必ず半角で。全角だとタグとして認識されません。
ハッシュタグが付けられた投稿は、ハッシュタグ検索すると同じような投稿がまとめて見ることができます。
たとえば、「#犬」というハッシュタグを検索すると犬に関する投稿をまとめて見ることができます。
したがって、ハッシュタグを使うメリットは、同じことに興味を持った人たちと、共通の話題で盛り上がることができます。
また、他のユーザーがハッシュタグで検索することで、自分の投稿も見てもらえる可能性があります。
さらに、人気のハッシュタグから旬の話題もわかるようになります。
そして、ハッシュタグの正しい付け方のポイントは、投稿の内容に沿ったワードを選ぶことです。また、ひとつの投稿にハッシュタグは多くても2~3個程度とすることです。長すぎるハッシュタグは使わないようにしましょう。

ツイッター公式サイトはこちら
https://twitter.com/?lang=ja

 

 

スポンサードリンク