生活便利お役立ち情報!一所懸命!出逢いに感謝!

スポンサードリンク

googleマップの地図が便利!

googleには様々な検索機能がありますが、地図情報を検索したいならグーグルマップです。
さらに乗換案内、路線図、ドライブルート、航空写真やストリートビューの機能もあります。
googleマップは見やすい地図でお店やサービス、地域の情報も検索できます。
世界地図も日本語で表示され、旅のプランにも便利です。
ここでは、グーグルマップの魅力について紹介しています。
お役に立てることができれば嬉しく思います。

 

スポンサードリンク

 

googleマップの地図が便利!ルート検索や航空写真などの機能もあります。

googleマップはオンラインの地図情報サービスです。
googleのトップページを開き、「マップ」をクリックしてくださいね。
マウスでドラッグするとスクロールすることができ、また拡大や縮小も簡単に行うことができますよ。
他の検索サイトでも同じようなサービスはありますが、グーグルマップはデータの読み込みも早く、使いやすいのでおすすめですよ。

 

 

地図を表示する以外にも、ショップやレストランを検索する場合は、レビューを見たり営業時間を確認したりすることもできます。
具体的な情報がなくても、例えば「ラーメン 渋谷」と入力すれば、渋谷にあるラーメン店が表示されます。
また電話番号も表示されるので安心ですね。

 

 

場所の確認だけではなく、ルート検索も可能です。
住所や駅名などを入力すると、目的地までのルートが表示されます。
ルート上に必要な通過地点を追加したり、ルート変更したりすることもできますよ。
また、距離や所要時間も表示されるので大変便利です。

 

 

地図表示から航空写真に切り替えることもできます。
地図と航空写真を重ねて表示することも可能です。
マップの左下に航空写真と小さく表示されていますので、そこをクリックだけです。

 

 

グーグルマップにはモバイル版もありますよ。
Googleモバイル ローカル検索という名でサービスされています。
機能は通常のgoogleマップと大きな違いはなく、操作も簡単です。
GPS機能を利用して、現在地が地図上に青い点で表示されます。
このサービスを利用すれば道に迷う心配はありませんね。
利用可能機種は限定されていますが、定額料金も不要でおすすめのサービスです。
是非利用してみてくださいね。

 

 

 

googleマップからストリートビューでさらに便利に!

 

地図情報を検索するならグーグルマップですが、さらに便利な機能で「ストリートビュー」という機能も良く使われています。

 

 

ストリートビューとは、その名の通り、路上に立っている視点で360度の風景を写真で見渡すことのできるサービスです。

 

 

2007年5月に開始されたgoogleマップは、アメリカの主要都市でのみ対応されていましたが、その後、アメリカ全土に広まり、現在ではイタリア、フランス、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、スイス、オランダ、ポルトガル、チェコ、カナダ、シンガポール、メキシコ、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、フィンランド、台湾、香港、マカオ、そして日本まで、サービスが拡大されています。

 

 

使い方は、簡単でgoogleマップ上にある「ストリートビュー」ボタンを押して、見たい都市の上に位置するカメラアイコンをクリックしてみましょう。
自分がその場所に立っているかのように、鮮明な景色を楽しむことができます。

 

 

旅行の計画にも活用できますし、引越しする場合には地図だけでは知ることのできない周囲の環境も確認することができますね。

 

スポンサードリンク

 

ストリートビューの住所検索

googleマップのストリートビューで住所検索したい場合、ちょっと大変です。

 

簡単なやり方は、googleマップの画面右上に検索窓がありますので、そこに住所や郵便番号を入力すると、その住所の地図が表示されます。

 

検索窓の下に表示されるその近辺の写真をクリックするとストリートビューに変わります。
もしくは、画面右下に「人のようなマーク」を地図上にドラック&ドラッグで運んでやるとその場所のストリートビューが表示されます。

 

先にストリートビューから入っていくと分かりづらいので、住所検索するなら最初にgoogleマップの検索窓で住所を探しておいてからストリートビューに変換すると簡単にできます。

 

 

 

google音声検索で「○○から△△まで」と言うと地図検索してくれますよ!

2009年12月7日、googleは携帯電話を使って「音声」で検索を行う「google音声検索」を開始しました。
2008年秋に英語版、中国語版がリリースされて、3言語目のサービスとなっています。

 

 

対応機種はiPhoneやAndroid端末に限られていましたが、今ではパソコンにマイクがついている機種であれば音声検索ができます。

 

 

検索画面にある「マイク」のアイコンを押し、検索したい言語を話しかけるとデジタル・ファイルに変換されて、googleのサーバに転送されます。

 

 

結果が得られるまで、時間がかかるのでは?と思う人も多いかと思いますが、このサービスはスピードにもこだわっていますよ。たくさんの量の検索があっても、結果はスピーディです。

 

 

日本人が検索している100億以上の言葉を学習させているそうですよ。
言語検索だけではなく、写真や動画、通貨レートなども検索することができます。

 

 

また、GPS機能とgoogleマップを連動し、住所を地図表示させたり、現在地近くにあるショップ情報、ルート案内も行ったりすることができます。
乗り換え案内も可能で、最寄りの駅から目的地までのルート検索も簡単です。

 

 

例えば、グーグルマップで音声マークをクリックして「○○から△△まで」と言うと検索してくれます。

 

 

年齢や性別の違いも問題なく、声質を気にする必要はありません。
不安なのは「方言」ですが、関西弁については問題なく使用することができるそうです。その他の地域については明言されてはいませんが、幅広く使用することができるよう、対応準備は行われているそうですよ。

 

 

キーボードを使用しない検索技術は、今後様々な場面で有効活用されそうですね。
でも、滑舌が良くないと読み込んでもらえないかも!?(笑)

グーグルマップ
https://maps.google.co.jp/

 

 

スポンサードリンク