生活便利お役立ち情報!一所懸命!出逢いに感謝!

スポンサードリンク

navitime(ナビタイム)は電車やバスや新幹線の時刻表などがわかります!

navitime(ナビタイム)とは、電車やバスの乗り換えの案内や時刻表が調べられます。
また、自動車のルート検索や高速道路の料金も調べることができます。
さらに、車だけではなく自転車のルート検索もあるのでとても便利なWEBサイトです。
その他には、飛行機の時刻表やおでかけスポット検索やグルメスポット検索や地図検索などいろいろとお役に立つ検索情報があります。
navitime(ナビタイム)のアプリもたくさんあるので、外出先でも利用できます。
ほとんどが無料で調べられますが、有料の機能もあり会員登録するとトータルナビやドライブサポートの機能が使えるようになります。

 

navitime(ナビタイム)電車の時刻表

ナビタイムでは、電車に関する情報を検索したり調べることができます。
電車の乗り換え案内はどこからどこまで、どの電車に乗りいくらかかるのかを調べることができます。
また電車や新幹線や特急電車の駅ごとの時刻表なども調べることができるので、とても便利です。
その他にも電車の運行状況や混雑レポートや混雑予報などもわかります。
また、路線図検索や定期代検索もあり本当に便利なサイトです。

 

navitime(ナビタイム)バスの時刻表

navitimeは、バスの乗換案内や時刻表も検索できるようになっています。
バスの乗り換えの案内は、出発と目的地を入力し、日付と時刻を設定すれば、目的地までのバスがわかります。
バス時刻表は、路線バスや高速バスや空港バスや深夜急行バスの時刻表がわかるようになっています。
さらに路線バスの時刻表では、全国の路線のバス停ごとの時刻表がわかるので、とても便利です。
その他に、バスの路線図検索やバス停検索もあり、バスの乗るための情報には、とても便利なサイトとなっています。

 

navitime(ナビタイム)タクシー

タクシー料金って気になりませんか?
ナビタイムでは、タクシーの料金が検索できます。
しかも、深夜割増料金も考慮したタクシー料金を検索できます。
また、都道府県ごとのタクシー料金情報を見たり、タクシー会社を探すこともできます。

 

navitime(ナビタイム)自動車

ナビタイムでは、自動車で移動するときに役立つ情報が満載です。
まずは、何と言っても自動車ルート検索はナビがないときや事前準備の時にも便利です。
また、高速道路の料金や高速道路地図を調べることができます。
さらに、道路交通情報(渋滞情報)や交通取締情報もわかるようになっています。
その他の情報としては、駐車場検索やガソリンスタンド検索や電気自動車(EV)充電スタンドやドライブ人気スポットも調べることができます。

 

 

navitime(ナビタイム)自転車とバイク

ナビタイムでは、自転車の場合のルート検索ができます。また、近くの駐輪場検索もできます。
自転車での人気スポットもわかりとても便利な機能があります。
さらに、バイクに関しては、バイクの駐車場が検索できる機能があります。
どこにでもバイクを止めたくない場合やバイクを止めてはいけない区域では駐車場検索があると便利です。

 

navitime(ナビタイム)飛行機の時刻表

ナビタイムでは、飛行機の国内線や国際線の時刻表やLCC時刻表を調べることができます。
また、飛行機の国内線や国際線の航空券の予約や、格安航空券の予約もできます。
さらに、国内や国外のホテルも予約できます。

 

navitime(ナビタイム)旅行/レジャー

ナビタイムでは、旅行やお出かけの時に役立つ情報が満載です。
どんなものがあるかというと、おでかけスポット検索やレジャー体験チケット検索やイベント検索やウォーキングコース検索や映画検索やクチコミ広場や季節のおすすめなどの情報があり、お出かけ前にいろいろと検索して調べることができます。

 

navitime(ナビタイム)地図/スポット

ナビタイムの地図検索は、住所から探したり、ジャンルから探したりすることができます。
またナビタイムの地図検索は、いろんなスポットを検索し調べることがきます。
例えば、グルメスポット検索・TVスポット検索・人気スポットランキング・新規オープンスポット検索があり、お出かけの際のお役に立てる情報を調べることができます。

 

navitime(ナビタイム)海外向け乗換サービス

ナビタイムでは、海外での乗り換え案内の情報がわかります。
どんなところかというと、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・スイス・フィンランド・ノルウェー・スウェーデン・シンガポール・インドネシア・マレーシア・タイ・フィリピン・韓国・香港・台湾・上海の乗換案内がわかるようになっています。

 

>>NAVITIME(ナビタイム)の公式サイトはコチラ

 

スポンサードリンク